ロバートウォルターズ

 

ロバートウォルターズは、1985年にイギリスのロンドンで設立された転職エージェントであり、今現在においては、日本を含む世界28ヶ国において、人材紹介サービスを手掛ける、世界有数のグローバルエージェントです。

 

そういった背景もあって、日本においても、外資企業や海外に進出している日系企業など、グローナルな会社への転職支援に特化しています。

 

特に、ロバートウォルターズには、キャリアコンサルタントに外国人が多いこともあり、クライアント企業の外国人経営陣や人事スタッフとの意思疎通に関しては、日系の転職エージェント以上に有利な立場にあり、強力なコネクションを確立しています。

 

ロバートウォルターズは、こんな人にオススメ

 

ロバートウォルターズ

 

外資系企業への転職を考えている人

ロバートウォルターズは、日本に進出している外資系企業、ほぼ全ての人材採用活動を請け負っているので、外資への転職を考えているのであれば、必ず押さえておくべき情報源です。

 

特に、役職付きのポジション(課長、部長、次長、本部長、事業部長クラス)や、年収が1000万円を超えるような、いわゆるハイクラスの案件を狙っているのであれば、ロバートウォルターズに登録して、どんな求人が存在するのか、チェックしてみることをオススメします。

 

語学を活かして働きたい人

ロバートウォルターズは、設立当初から、日本語と英語が堪能なバイリンガル・スペシャリストの転職支援に力を入れており、それは今も変わりません。

 

最近では、スペイン語の通訳・翻訳、フランス語が必要な役員秘書、中国語での治験モニターなど、英語以外の言語についても、求人が出てきているので、語学を使った仕事を探している人には、広くオススメです。

 

ただし、ロバートウォルターズが扱う求人は、実務能力があることが前提となっており、豊富な実務経験が必要です。

 

通訳、翻訳のような、語学のプロフェッショナルを募集するような求人においても、契約書類や図面、仕様書、マニュアルなどを、日本語に変換するようなことが業務内容となり、こういった業務を遂行するには、その分野における、高度な専門知識が必要となります。

 

そのため、たとえば、自動車メーカーの通訳・翻訳業務であれば、自動車業界出身者が好まれますし、異業種であっても、メーカーでの勤務経験は最低ラインとして要求されるなど、経歴について、かなり細かい要件があります。

 

語学ができるだけでは、採用されないので、その点は注意してください。なお、これだけ条件が厳しいだけあって、同一職種のなかでは、給与は1段階も2段階も上です。

 

海外で働くチャンスを探している人

ロバートウォルターズは、海外オフィスとも連携しているので、海外勤務の仕事についても、豊富な情報を有しています。

 

日系企業の駐在員といった仕事だけでなく、外資系金融機関のシンガポールオフィスで働くといった案件も希望すれば、紹介してもらえるかもしれません。

 

技術者やエンジニアであれば、アジア資本の企業に転職して、現地で働くといった案件も選択肢に入ってきます。

 

中国だけでなく、タイ、マレーシア、インドネシアなど、大企業の有能な人材に対する待遇は、日系企業を大きく上回っており、日本では考えられないような好条件で転職できる可能性があります。

 

海外から仕事を探している人

今、あなたが海外で働いていて、日本国内の企業に転職したいということであれば、ロバートウォルターズのサポートには期待できます。

 

企業側の需要と比較して、グローバルで働ける日本人というのは、圧倒的に不足しており、海外在住・勤務経験者というのは売り手市場です。

 

ロバートウォルターズは、海外在住者の転職支援に慣れており、面接スケジュールの調整など、転職活動中のフォローはもちろんのこと、帰国日、勤務開始日のスケジュール調整といった、採用が決まった後のフォローも手厚いです。

 

ロバートウォルターズの特徴

 

ロバートウォルターズ

 

エンジニア、経理・財務の求人に強い

ロバートウォルターズは、あらゆる職種の求人を一通り押さえていますが、そのなかでも特に、経理財務、ITエンジニア、メーカー系技術職の求人に力を入れており、こういった職種での転職を考えている人に、オススメの転職エージェントです。

 

また、ほかのエージェントと比較すると、化学、メディカル、エネルギーといった業種における研究職、開発職の求人の取扱数が多いので、こうやって見ていくと、ロバートウォルターズは、技術系専門職の求人に強い転職エージェントであるということが分かります。

ロバートウォルターズ

 

専門分野ごとに担当チームが分かれている

ロバートウォルターズでは、特定の業種、職種に精通したキャリアコンサルタントが所属しており、あなたが希望する業種、職種にあわせて、専門のサポートチームを結成して、複数名でバックアップする体制を作ってくれます。

 

そのため、的確で深いアドバイスを受けられますし、レスポンスが迅速なので、スピーディー感を持って、転職活動を進めることができます。

 

キャリアコンサルタント全員がバイリンガル

ロバートウォルターズには、日本人、外国人、双方のキャリアコンサルタントが所属していますが、基本的には、みんな日本語と英語のバイリンガルです。

 

ただし、外国人のキャリアコンサルタントのなかには、日本語の能力が不十分な人もおり、そういった人が担当になると、英語でコミュニケーションを取らなければいけなくなります。

 

書類選考の通過率が高い

ロバートウォルターズの強みの一つが、サポート内容のレベルの高さです。職務経歴書や英文レジュメについては、構成から内容、言葉のチョイスまで、細かくチェックしてくれますし、ほかのエージェントではスルーしがちなカバーレターについても、添削してくれます。

 

企業とのマッチングについても、これまでのロバートウォルターズの経験を活かして、精度の高い判断をしてくれます。

 

(本人のキャリア・人間性・価値観を正確に把握できるように、きめ細かいヒアリングを行うというのも、的外れなマッチングがないことにつながっています。)

 

これらの結果として、書類選考の通過率が非常に高く、別のエージェントを利用した時には、何度も落とされた経験があるのに、ロバートウォルターズでは一度もなかったという人もいます。

 

情熱がある

ロバートウォルターズのキャリアコンサルタントには、情熱的でアグレッシブな人が多いです。どんどん、求人を紹介してくれますし、企業側にも強気でプッシュしてくれるので、選考のスピードが速いです。

 

  • コンサルタントが真面目で必死なので、自分もその気になった
  • 迷っている時に、背中を押してくれたので、勇気を持って応募することができた

 

こんなふうに、精神的な部分で、支えとなったという人もいます。

 

ただし、この姿勢を押しが強い、ウザいと感じたという声もあるので、このあたりは好みの問題ともなりそうです。

 

条件交渉が得意

ロバートウォルターズは、条件交渉を得意としており、給与の引き上げに成功したという事例が多々あります。

 

また、給与は据え置きだったけど、手当を付けてくれたとか、福利厚生にプラスαがあったというケースもあります。年収以外では、役職が上がったという人が多いです。

 

また、ロバートウォルターズを経由して転職すると、内定が決まった後、企業側との懇親会や歓迎会を開催して盛り上げてくれます。

 

それほど大きな実利があるわけではありませんが、事前に会社の人達とコミュニケーションが取れて、スムーズに仕事をスタートさせることができるので、バカにはできないアフターフォローと言えそうです。

 

ロバートウォルターズを利用する時の注意点

 

ロバートウォルターズ

 

勤務地は、基本的に東京

ロバートウォルターズが保有する求人を、勤務地別に分類すると、その9割が東京首都圏となっています。外資のオフィスが東京に集中しているので、致し方がないと言えますが、地方で仕事を探す時には、不向きです。

 

なお、残りの10%のうち、8.5%が関西、あとは海外となっています。

 

ロバートウォルターズ

 

敷居が高く、紹介を断れるケースもある

ロバートウォルターズが扱っている求人は、求職者に対する要求度が高いハイレベルな案件ばかりです。そのため、一般的な視点でみれば、有能と思われるような人でも、紹介できる求人がないと断れることがあります。

 

たとえば、メーカーの営業マンで、20代で600万円の年収を取っているというような、転職市場においては、まさに会社同士で、取り合いになりそうな経歴の人でも、ロバートウォルターズで断られたというケースがあります。

 

別のエージェントに登録したら、転職先が見つかったということなので、その方に問題があったのではなく、ロバートウォルターズの設定ラインがシビアということです。

 

それだけに、採用が決まった時の待遇に関しては、抜群です。ですから、敷居が高いから止めておいたほうがいいかな・・・なんて考えることはなく、『落ちたら、違うところで探せばいいや』ぐらいの感覚で、気軽に応募してみてください。

 

また、ロバートウォルターズで断られたとしても、『実力がないんだ・・・』と、自分に問題があるかのように考える必要はありません。単純なマッチングの問題なので、別のエージェントに相談してみてください。

 

外国人のキャリアコンサルタントが担当になることがある

案件によっては、担当者が外国人ということもありますが、日本人と外国人のビジネス感覚は違うので、人によっては、『ドライ』、『対応がおざなり』、『基本的なマナーがなっていない』など、不満を感じることもあるようです。

 

ただし、これは実は当人達からみれば、悪気はなく、当たり前の感覚でやっていたりもします。

 

外国人のビジネス感覚については、もし、あなたが外資で働きたいと考えているのであれば、いずれにしても直面することなので、理解を深めておくことが重要です。

 

この点については、こちらのページでまとめているので、参考にしてください。

 

なお、このページは、マイケルペイジという別の転職エージェントの特徴について解説しているものですが、マイケルペイジもイギリス発祥のエージェントで、日本では外資や日系のグローバル企業の求人に特化しており、ロバートウォルターズとそっくりです。

 

そのため、ロバートウォルターズとマイケルペイジ、両方に登録して、同時に利用している人が多いです。

 

登録・紹介の流れ

ロバートウォルターズへの登録は、非常に簡単です。氏名とメールアドレス、ログイン用のパスワードを入力するだけです。

 

日系の転職エージェントだと、登録する時に、学歴や職歴、希望条件などを細かく入力するものですが、ロバートウォルターズはいたってシンプルです。

 

登録後、管理画面にログインすると、ロバートウォルターズが保有する有効求人を全て閲覧できるようになっており、そのなかで、興味がある求人が見つかったら、職務経歴書を添付して応募するという流れになります。

 

もしくは、お問い合わせメニューのなかにある『転職相談』をクリックすると、相談フォームが表示されるので、そちらから連絡することもできます。

ロバートウォルターズ

 

こちらは、自分で求人を検索しても、満足できるものが探し出せないとか、探す時間がないなど、キャリアコンサルタントに、自分の代わりに求人を探してほしい時に利用することができます。

 

また、海外から転職活動を行っているなど、特殊な事情がある時にも、こちらから連絡して、最初にキャリアコンサルタントと状況確認の打ち合わせをしたほうがスムーズです。

 

効果的に利用するためのコツ

英文の職務経歴書を用意しておく

外資への転職を考えている人は、あらかじめ英文のレジュメを用意しておいたほうがいいです。

 

ロバートウォルターズの公式サイトには、日本語の職務経歴書だけでもOKと書いてありますが、企業に応募する時には必要となってくるので、用意しておいたほうが、その後の流れがスムーズです。

 

また、外国人のキャリアコンサルタントが担当に付いた時には、彼らとの意志疎通をはかるうえでは、英文の履歴書があったほうが、やはりスムーズです。

 

レジュメの構成、内容については、アドバイスを受けられるので、作成の経験がない人は、とりあえず概要をまとめておくだけでも大丈夫です。

 

ロバートウォルターズは、英文レジュメのまとめ方について、解説ページを設けていて、サンプルも公開されているので、書き方がよく分からないという人は、参考にしてください。
https://www.robertwalters.co.jp/career-advice/cv-advice.html

 

大げさなくらいに自分をPRする(盛るのが普通)

日本人だと、自分の実績や能力をアピールすることを、しませんが、グローバルなビジネス社会においては、ごく普通のことですし、むしろ、10を20、30ぐらいに盛るのが当たり前です。

 

ですから、言い過ぎかなと思うぐらいでいいので、どんどん、あなた自身をアピールしてください。

 

積極的にサポートを求める

日系、外資を問わず、グローバルで活躍している企業への転職支援を主軸としているだけあって、ロバートウォルターズのキャリアコンサルタントには、グローバルのビジネス感覚で、物事を進める人が多いです。

 

日本人の感覚とは違う部分もあり、それがトラブルの種にもなっているのですが、利用した人の声で最も多いのが、サポートが不十分だったというものです。

 

でも、『なぜ、サポートしないのか』と、キャリアコンサルタントに聞けば、こんな答えが返ってくる可能性が高いです。

 

『サポートしてほしいと言われなかったから』

 

『言われなくてもやるのが普通だろ』と思うかもしれませんが、それは日本人の感覚です。もちろん、彼らも、自分なりに必要と思うサポートは行いますが、何が必要なのかというのは、人それぞれ違います。

 

これは当たり前のことであって、相手の行動が自分の期待と違うものであれば、それを言えばいいというのが、グローバルの常識です。

 

逆に言えば、何も言われないということは、相手は自分の行動に満足していると考えるのが、彼らの思考パターンということです。

 

何か要望があれば、そのことを伝えなければいけないし、伝えれば丁寧にサポートしてくれます。日本人のように、『言わなくても分かってくれる』という発想はないので、そこは注意してください。

 

ロバートウォルターズの評判・口コミ

男性30代前半 男性 マーケティング
3ヶ月ほどかかりましたが、ロバートウォルターズで転職が決まりました。色々な案件を紹介してもらって、最終的には3社に応募しましたが、全ての過程において、スピード感があり、サクサク進むのでそこは、日系と違うなと感動しました。

一番、ありがたかったのは、その企業特有の面接方式に詳しく、正確で深いフィードバックをもらえた点です。このアドバイスがなかったら、選考をパスしたかどうか、自信がないので、ロバートウォルターズを利用して、本当によかったです。

もし、将来、また転職する機会があったら、その時もロバートウォルターズにお世話になろうと思います。

 

女性30代前半 女性 営業
とにかくスピード感があり、これが外資系のエージェントかと驚きました。以前、日系最大手の転職エージェントを使って転職しましたが、その時と比較しても、ロバートウォルターズはレジュメ添削から面接対策、内定後交渉までの流れが圧倒的に速いと感じました。

 

男性30代後半 男性 アクチュアリー
外資系企業への転職を希望していたため、ロバートウォルターズを利用してみましたが、印象的だったのは、ヒアリングです。

自分の人間力や経験、スキルなど、あらゆる面を、かなり詳しく調べられます。その分紹介される求人も自分に最適なものが、ほとんどです。

また、ほかの方も書かれていますが、進め方が非常に速いです。どんどん求人を提案してきますし、応募する企業が決まったら、面接サポートも迅速に進めてくれます。

求人内容は世界的に知名度の高い企業もあれば、ベンチャーなどもあり、業種・職種も非常に豊富なので、自分に合った企業を選べるはずです。

コンサルタントの質は高く、各業界の知識が豊富なうえ、企業の社風、定着率など、内部事情にも熟知していて、マイナスとなるようなことがあれば、それも隠さずにはっきりと教えてくれます。

各企業が希望している人物像も把握しており、その点を踏まえて、私に最適な企業を紹介してくれたので、選考もスムーズに行きました。

あえて、ロバートウォルターズの気になった点をあげると、やや強引な面が見られます。情熱的なのは分かるのですが、早く決めたいという感じも見受けられます。

人によっては押しつけと感じると思います。納得できないことには、きちんと断られる人でないと、勢いに流されてしまうかもしれません。

また私は、昔から仕事で英語を使っていて、語学力には自信があったので、それなりのレベルの求人を紹介されましたが、英語ができないと、難しいかもしれません。

 

女性40代前半 女性 秘書
基本的にエージェントとのやり取りは全て英語でしたし、英語での面接対策もして頂きました。履歴書、英文レジュメについても、私の能力がうまくアピールできるように、アドバイスして頂き、修正しました。

求人については、大手メディアには載っていないような求人を紹介してくれましたし、面接後も企業の人事担当の反応を詳細まで確認して、フィードバックしてくれました。

外資系のエージェントは、面接や選考に通過しないと連絡しない会社が多いなか、きちんとコミュニケーションが取れる数少ない優良エージェントでした。

 

ロバートウォルターズについてよくある質問

Q-man

英語ができなくても、仕事を紹介してもらえますか?


A-woman-01

答えはYESです。数は少なくなりますが、国内営業など、英語を全く使わない仕事もあり、そういった求人であれば、語学ができなくても問題ありません。

ただし、かなり限定的なものとなるので、厳しくなると考えてください。英語ができないのであれば、日系の転職エージェントを利用したほうが、より確実です。

 

Q-woman

派遣の仕事を紹介してもらえますか?


A-man-02

ロバートウォルターズは、外資の派遣社員、契約社員の求人の取り扱いにも力を入れており、IT関連職、オペレーション・経理関連職、サポート関連職といった職種であれば、いつでも紹介してもらえます。

外資の場合、雇用形態の違いで、職務内容に差を付けることはありません。派遣、契約社員でも、正社員と同じように、一定の裁量を持ち、責任を持って職務を遂行することになります。

そのため、外資においては、派遣、契約社員としての勤務経験も、一つのキャリアとして認められており、将来のキャリアアップにつながります。

また、勤務評価が高ければ、契約終了のタイミングで、正社員として再雇用されることも珍しくなく、正規職に就くためのステップとしても活用できます。

 

まとめ

ロバートウォルターズは、外資系企業、日系グローバル企業への転職を目指す際には、利用価値が高いエージェントです。

 

採用基準が高いハイクラスの案件ばかりで、それなりのキャリアがある人でなければ、求人を紹介してもらうことができないので、誰にでも薦められるエージェントではないのですが、一定の実績を挙げている人であれば、必ずプラスになるはずです。

 

メールアドレスとパスワードを設定するだけで、ロバートウォルターズの保有する求人を全て見ることができるので、とりあえず登録して、どんな求人があるのがチェックしてみてください。