転職エージェント 面談

 

転職エージェントに登録すると、あなたの担当となるキャリアコンサルタントと、面談を行うことになります。

 

何を聞かれるの?
どんな準備が必要なの?
服装はどうしよう?
悪い印象をもたれたら、求人を紹介してもらえなくなるの?

 

転職エージェントを初めて利用する人、慣れていない人だと、色々な疑問、不安が浮かんでくると思いますが、最初の面談はとても重要です。

 

ここは、転職エージェントが登録者の人物像を確認する機会となっており、評価が悪いと、サポートの優先順位を落とされて、後回しにされる、優良な求人案件を紹介してもらえなくなるなど、満足なフォローを受けられなくなってしまいます。

 

そんなことがないように、このページでは、転職エージェントとの面談を成功させるためのポイントについて解説していきますので、参考にしてください。

 

転職エージェント 面談

 

面談の目的

キャリアコンサルタントが面談を行う目的は、あなたがどんな人物なのか、知ることにあります。

 

中途採用を行う企業に対して、その企業が求める人材を紹介するのが、転職エージェントのビジネスモデルです。

 

紹介した人材に満足してもらえなければ、企業からの信頼を失ってしまいますが、それは転職エージェントからすれば、ビジネスの失敗を意味します。

 

ですから、紹介する前に、あなたが自信を持って推薦できる人材かどうかを見極める必要があるわけです。

 

こう書くと、企業のことばかり考えて、『私(求職者)のことは、考えてくれないの?』と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

あなたの要望を確認することも、面談の目的です。

 

ただ、あなたを紹介するだけではダメで、転職した後、あなたが、その会社で活躍してもらってこそ、企業側はエージェントを利用する意味があります。

 

『こんないい人材を紹介してくれて、ありがとう』

 

企業からこう言われてこそ、転職エージェントは、仲介業者としての自分の責任を果たしたことになります。

 

すぐに辞めてしまうなんていうのは、もってのほかです!!

 

あなたに、末永く、その会社で活躍してもらう

 

そのためには・・・

 

  • あなたにとっても、満足できる会社でなければいけない
  • あなたの能力を発揮できる仕事でなければいけない
  • あなたの適性にあった職場環境でなければいけない

 

というわけです。

 

この3点を満たすには、求職者と企業のマッチングが、極めて重要です。

 

転職エージェントは、お見合いおばさんのようなもの。

 

転職エージェント お見合いおばさん

 

求職者と企業の相性を考慮して、ベストの組み合わせを作るのがキャリアコンサルタントの役割ですが、そのためには、求職者、企業のことをよく知らなければいけません。

 

企業については、事前にリサーチ済みなので、あとは求職者のリサーチとなりますが、それを行う場が面談となります。

 

面談を断ることはできる?

面談は絶対条件ではなく、面談を受けなくても、求人を紹介してもらうことはできますが、できる限り、面談は行うようにしてください。

 

面談なしだと、キャリアコンサルタントのあなたに対する理解度が低くなるので、紹介してもらう求人の内容が、自分の希望とずれているといったミスマッチが起こりやすくなります。そうなると、転職活動が長期化することは避けられません。

 

時間が取れないなど、どうしても難しい時には、その理由を伝えつつ、メールや電話で、できる限り、あなたの情報を伝えるようにしてください。

 

面談の流れ

 

  • 自己紹介
  • これまでの経歴・仕事内容の確認
  • 転職理由や目指すキャリアの共有
  • 転職先への希望条件の確認
  • 求人案件の紹介

 

自己紹介

はじめの挨拶として、自己紹介からスタートしますが、キャリアコンサルタントからは、そのエージェントの特徴や強み、サポートの内容、転職活動の流れなどについて説明があります。

 

もし、何か確認しておきたいことがあれば、遠慮なく質問してください。求人は多いのか、今は転職しやすい時期なのかなど、転職市場の動向について、確認するのもありです。

 

これまでの経歴・仕事内容の確認

自己紹介が終わったら、次に行うのは、職歴の確認です。これまで、どんな仕事をしてきたのか、そこで、どんな実績を残してきたのかなど、経歴を細かく掘り下げていきます。

 

この作業を通じて、あなたの強み、セールスポイントを明確にするのが目的ですが、キャリアの棚卸しの場ともなるので、少しでも多くの情報をキャリアコンサルタントに伝えられるように、事前に整理しておくといいでしょう。

 

転職理由や目指すキャリアの共有

次に行うのは、転職をする理由、今後の方向性に関する確認です。

 

転職を考えるようになったキッカケや、今の職場に対する不満や悩み事などについて聞かれますが、こういった問いを通して、キャリアコンサルタントは、あなたが新しい仕事、職場を決めるにあたって、重視すること、譲れないことを確認します。

 

また、あなたが、どんなキャリアを送りたいのか、どんなライフプランを描いているのかということについても聞かれるので、このあたりも、事前に考えをまとめておくとスムーズです。

 

転職エージェント キャリア

 

ちなみに、この時点で、転職したい業種・職種が決まっていない時には、そのことを素直に伝えてください。そうすれば、どんな仕事に就くのがベストなのか、キャリアコンサルタントも一緒に考えてくれます。

 

退職理由と転職理由を混同しないように

転職理由というのは、転職することであなたが実現したいことです。一方、退職理由というのは、会社を辞めた理由であり、この二つは切り分けて考える必要があります。

 

たとえば、『給料が安かった』、『上司とうまくいかなかった』というのは退職理由であり、転職理由ではありません。

 

もし、あなたが、退職理由の段階で止まっているのであれば、ここから、さらに一歩、考えを進めて、転職してどうなりたいのか、イメージをまとめてみてください。

 

『給料が安かった』から辞めたのであれば、次の会社では、具体的にどれぐらいの収入が欲しいのか考えてみるということです。

 

こうすることで、転職先に希望する条件が明確になります。

 

転職先への希望条件の確認

次のステップは、転職先に望む条件の確認です。年収、役職、福利厚生といった待遇面だけでなく、勤務時間、休日数、ワークスタイルなど、働き方に関する要望についても、遠慮なく伝えてください。

 

ここには、通勤時間、通勤手段(車通勤を希望する)なども入ってくるかもしれないですし、小さな子どもを持つ方だと、有休や半休が取りやすいか、急な休みを認めてもらえるかといったことも、欠かせない条件になってくるかもしれません。

 

ポイントとしては、一切、遠慮しないことです。あまり細かいことにこだわると、エージェントから求人を紹介してもらえなくなるのではと、不安になるかもしれませんが、面談は、あなたの要望を確認する場なので、問題ありません。

 

転職エージェント 希望条件

 

もし、あなたが提示する条件が厳しいのであれば、コンサルタントから、必ず指摘があるので、その時点で考えればOKです。

 

Check!

残念ながら、希望条件を全て満たす求人が見つかるというのは、レアケースです。妥協点を探りながら、会社を絞り込んでいくのが、一般的な流れです。

 

そのため、『これぐらいの年収が取れるのであれば、残業が多くても構わない』、『これだけ休みが取れるのであれば、給与については、ここまで妥協できる』というふうに、何を優先するのか考えておいてください。

 

求人案件の紹介

ここまでの情報をベースに、キャリアコンサルタントは、あなたに紹介する求人の選定作業に移ります。

 

面談の時に、求人を紹介するということはまずなく、面談が終わってから、数日後になるのが普通です。

 

10社、20社と大量の求人をピックアップして紹介するエージェントもいれば、2~3社を厳選して紹介するエージェントもいますが、『少しでも多くの求人を紹介してほしい』、『自分でチェックする時間を取れないので、絞り込んでほしい』など、要望があれば伝えてください。

 

求人への応募

紹介してもらった求人のなかで、気になる企業があれば、応募することになります。紹介を受けたら、必ず応募しなければいけないという決まりはないので、興味がなければ断って構いません。

 

ただし、キャリアコンサルタントが提案するということは、あなたに適している求人と判断している証拠なので、おざなりにせず、真剣に検討してください。

 

そのうえで、何がダメなのかという理由を添えて、断るようにすれば、次にキャリアコンサルタントが求人を選ぶ時の精度が高まるので、より満足できる求人を紹介してもらいやすくなります。

 

このやりとりを繰り返しながら、企業を探します。キャリアコンサルタントとの情報共有が、密になればなるほど、うまくいく可能性が高くなるので、こまめにコミュニケーションをとって、相互理解を深めることを心がけてください。

 

転職エージェント コミュニケーション

 

面談にはどんな準備が必要?

 

転職エージェント 面談

 

履歴書、職務経歴書を事前に送付しておく

履歴書、職務経歴書を事前に送付して、キャリアコンサルタントに読んでおいてもらえば、面談の時に、一から説明しなくて済むので、時間の節約になります。

 

空いた時間を、今後のことについて相談する時間に当てることができれば、より濃密な打ち合わせになるので、一石二鳥です。

 

なお、履歴書はともかく、職務経歴書については、どう書けばいいか分からないという人もいるかもしれませんが、とりあえずラフなもので構いません。

 

不足していることがあれば、コンサルタントが質問してくるので、そこで回答すればOKです。

転職エージェントのなかには、自社サイト内に、職務経歴書のサンプルを公開しているところがあるので、そういったものを参考にして作成してみてください。
http://www.jac-recruitment.jp/knowhow/resume/
https://careercarver.jp/doc/contents/pages/cs/sample/reference.html

 

希望条件を整理しておく

転職先に求める希望条件についても、事前にまとめて送っておけば、キャリアコンサルタントが、その条件に見合う求人を選んで、面談の時に紹介してもらえます。

 

求人票をみながらであれば、より具体的な話ができるので、効率性のアップにつながります。

 

なお、希望条件については、譲れるもの、譲れないものを分けて、ここまでなら譲れるというラインも記載しておいたほうが、あなたの希望がより正確に、キャリアコンサルタントに伝わります。

 

当日、持っていくものは?

履歴書と職務経歴書を事前に提出している場合、当日にもっていくものは、取り立ててありません。強いていえば、メモをするために、筆記用具とノートを持参するくらいです。

 

『名刺を持っていったほうがいい?』と悩む人もいますが、基本的に不要です。離職中の人で、名刺がない人もいるので、キャリアコンサルタントも名刺の提示を求めはしません。

 

面談に最適な服装

転職エージェントとの面談であれば、カジュアルな服装でも問題ありません。週末に、プライベートの用事を済ますついでに、キャリアコンサルタントと会うという人も多く、その場合は、たいてい私服です。

 

ただし、最低限の身だしなみは必須です。破れたジーンズに汚れたTシャツ、サンダルなんて格好だと、さすがに社会人としての良識を疑われます。清潔感のある服装を心がけましょう。

 

もちろんスーツでも構わないので、迷うようでしたら、スーツにしておいたほうが無難です。

 

転職エージェント スーツ

 

面談場所、日程調整、所要時間について

面談の所要時間は? 日程は調整してもらえる?

面談にかかる時間は、転職エージェントによって異なりますが、1~2時間ぐらいが、一つの目安となります。

 

働きながら転職活動を行う場合、時間を工面するのが難しいかもしれませんが、それは転職エージェントも理解しているので、面談日の調整については、できる限り配慮してくれます。

 

土日、祝日でも大丈夫ですし、平日の夜遅い時間、あるいは早朝の出勤前に設定してくれるエージェントもいます。

 

最初の面談は大切な場なので、時間のことを気にせずに話ができるように、余裕を持てる日時で調整するようにしてください。

 

転職エージェントとの面談場所は?

ほとんどのエージェントが、社内に面談用の個室を用意しています。大手だと、全国の主要都市にオフィスがあるので、訪問しやすいと思いますが、小さなエージェントだと、地方にはオフィスがないこともあります。

 

その場合、キャリアコンサルタントが自宅近くまで来てくれることもありますし、電話やスカイプで代用することもあります。

 

最近は、海外から転職活動を行う人もいますが、その場合にも、電話・スカイプなどで対応してくれます。

 

なお、カフェや喫茶店、ホテルのラウンジなど、面談場所で希望がある場合、お願いすれば、たいてい、その要望に沿って場所をセッティングしてくれます。

 

面談に要する回数は?

基本的に1回で終わるので、あとは、必要に応じてということになります。たとえば、求人を紹介してもらう時に、面接対策のアドバイスや職務経歴書の添削を、じかに受けたいから、直接会うといったことです。

 

忙しくて時間がとれないから、こういったやりとりは、全てメールや電話で済ますという人もいますし、このあたりは、本人の希望にあわせて対応してくれるので、あなたのやりたいようにすれば大丈夫です。

 

面談のキャンセル・遅刻について

遅刻しそうなときの対応は?

ビジネスマナーにそって対処してください。遅れることが分かった時点で、すぐに連絡をいれます。これは少しでも早いほうがいいですし、1分でも遅れたら遅刻なので、時間通りにつけるかどうか微妙な時点で、連絡を入れておくべきです。

 

また、連絡を入れる時には、『10時10分ぐらいに着けそうです』と、到着時間を伝えておくべきですが、この時間には少し余裕を持たせてください。

 

少しでも印象を良くしようと、早めの時間を伝える人もいますが、その時間で間に合わなかったら、二重で約束した時間に遅れることになり、かえって相手からの評価を下げることになります。

 

なお、20分、30分と大幅に遅れると、キャリアコンサルタントの次のスケジュールに支障がきたす可能性もあり、その時には、面談をキャンセルして、別日にあらためるということになります。

 

転職エージェント 時間

 

面談のキャンセルはできる?

緊急の用事が入るなど、都合が悪くなるのは致し方がないことなので、事前に面談をキャンセルすること自体には問題ありません。

 

ただし、キャリアコンサルタントも忙しいので、キャンセルの連絡は早めに入れるようにしてください。ここも、通常のビジネスマナーとして捉えてください。

 

体調不良などで、当日にキャンセルしなければいけなくなった時も、同様です。なるべく早めに連絡を入れて、お詫びの言葉を伝えてください。

 

こういった相手に配慮した対応をすれば、キャリアコンサルタントも理解してくれるので、キャンセルがマイナスになることはありません。

 

逆に、あまりにも自分本位な行動をすると、信頼を失うことになるので、注意してください。

 

面談当日のポイント

 

転職エージェント 面談

 

正直に本音を伝える

面談の目的は、あなたという人材を、キャリアコンサルタントに分かってもらうことです。そのため、ウソや誇張はNGです。経歴、スキル、転職を決意した理由など、質問されたことについては、正直に回答してください。

 

事実に裏づけられた実績を、積極的にアピールする

転職エージェントからすると、企業側にアピールできる情報が多いほうが、あなたを薦めやすくなります。ウソや誇張はダメとお伝えしましたが、謙虚すぎるのも考えものです。自分自身の強みを積極的にアピールしてください。

 

  • どんな業務を担当してきたのか?
  • どんな役割を果たしてきたのか?
  • どんな資格を持っているのか?
  • 人に秀でたスキルは何か?
  • これまで、周囲からは、どんなことを評価されてきたか?

 

こういった問いを自分に投げかけて、アピール材料を探しておくといいです。

 

ネガティブな情報を話しすぎない

キャリアコンサルタントとは本音で接するのが基本ですが、度を過ぎるのは問題です。

 

たとえば、転職の理由が、『職場の人間関係が悪い』、『仕事や会社の方針に不満がある』など、ネガティブなものになるのは、しかたがない一面もあり、それはコンサルタントも分かっているので、こういった理由自体は、問題ありません。

 

ただし、職場に対する不平・不満や批判ばかりを、長々と話すと、印象が良いものではないですし、『この人自身にも問題があるのでは?』と、疑いをかけられかねません。

 

最悪のケースとしては、すぐに辞めてしまうタイプの人間と思われてしまい、求人を紹介してもらえなくなります。

 

ネガティブなことを話す時には、冷静に事実だけを伝えることを心がけてください。

 

なお、こういった心配があるからといって、ネガティブなことは一切話さないというのも、よくありません。本音の部分を理解してもらえないと、あなたに合った企業を紹介してもらえないからです。

 

たとえば、人間関係が原因だとすれば、キャリアコンサルタントは、あなたが直面した問題を掘り下げることで、『どんな上司だったら合うのか?』、『どんな環境が最適なのか?』と、同じ悩みを繰り返さないように、紹介する企業を選んでくれます。

 

ネガティブな情報ほど、実は転職先を絞り込む際の、有力な指針となるので、包み隠さずにキャリアコンサルタントに話をしてください。

 

転職活動の状況を共有する

転職活動を行う時には、複数の転職エージェントを利用する人が少なくありませんが、もし、あなたもそうであれば、必ず、そのことを、はじめに伝えておいてください。

 

また、別のエージェントを経由して、応募している企業があれば、選考の状況についても、伝えるようにしておいてください。

 

これは、紹介してもらう企業がバッティングしないようにするうえで、とても重要です。

 

自社以外の転職エージェントを利用しているからといって、気にするキャリアコンサルタントはいないですし、それが不利に働くことはないので、安心してください。

 

ほかの転職エージェントの批判は逆効果

別の転職エージェントを利用していて、レスポンスが遅い、サポートがイマイチなど、不満を覚えることがあるかもしれませんが、面談の場で、ほかのエージェントを批判することは避けてください。

 

対象が誰であれ、他人の批判を聞くのは、気持ちの良いものではないですし、まして同業者となると、『この人は、自分達の批判もどこかでしているのではないか?』と、不信感を持たせてしまいかねないので、注意してください。

 

ただし、意味がある批判であれば、伝える価値があります。たとえば、できるだけ短い期間で転職したいので、求人を提案するスピードが遅いことに不満を感じていると伝えれば、そのキャリアコンサルタントは、スピーディーに対応してくれるはずです。

 

不満というのは裏返せば、こうしてほしいという要望となるので、それをうまく伝えることで、あなたが期待するサポートを、より受けやすくなります。

 

転職エージェント 要望

 

情報交換だけでもOK

今すぐ転職することを考えているわけではないけど、将来を見据えて、とりあえず話を聞きたいといったことでも、転職エージェントは面談を行ってくれます。

 

エージェントからすれば、未来の顧客ということになりますから、丁寧に対応してくれるはずです。

 

ただし、情報交換が目的ということは、最初に伝えておいてください。あなたの目的によって、キャリアコンサルタントが行うべき前準備の内容が変わってくるからです。

 

登録すると、面談日程を調整するための連絡が電話、メールのいずれかでくるので、その時に伝えるのがベストです。

 

Check!

裏技としては、まずはあまり興味がないエージェントに登録して、履歴書や職務経歴書の添削を受けたり、自分の強みを分析してもらって、企業との面接の際のPR材料をまとめてもらうというやりかたがあります。

 

そのうえで、本命と考える転職エージェントに登録します。そうすると、レベルの高い履歴書、職務経歴書が出来上がっているうえ、自己分析も十分なので、最初の面談の時に、『この人は、すぐに転職先が見つかりそう』という判断になります。

 

こうなると、優先的にサポートしてもらえるので、その後の流れがスムーズです。

 

要は、練習台として使うということですね。日本には100以上の転職エージェントが存在するので、1社ぐらい、こんな使い方をするのもアリです。

 

こんなふうに書くと、『エージェントに悪いのでは?』と罪悪感を覚える人もいるかもしれませんが、そのエージェントから良い案件を紹介してもらえたら、そのまま応募すればいいのですから、決してあくどいやりかたではありません。

 

あくまでも、登録する順番の話で、優良な求人を紹介してくれそうなエージェントほど、後にもってくるということです。

 

面談が終わった後に、意識すべきこと

面談後のサポート内容をしっかり確認

面談の最後には、その後の流れ、サポート内容について確認してください。求人の紹介や面接対策のアドバイスのために、あらためて面談の場を設定する転職エージェントもいれば、その後のフォローは全て、メールや電話で行うというエージェントもいます。

 

面談のなかで、エージェントからも説明があるはずですが、何か不明なところがあれば、必ずあなたから問いかけて、確認するようにしてください。こういったフォローを受けたいという要望があれば、それを伝えることも重要です。

 

お礼のメールを送っておく

面談が終わったら、そのうち、もしくは翌日にお礼のメールを送っておきましょう。ささやかなことですが、こういったメールが送られてくると、キャリアコンサルタントも嬉しいので、あなたに対する印象が良くなります。

 

転職エージェント メール

 

記憶にも残るので、熱心にサポートしてもらいやすくなります。もちろん、相手もプロなので、メールを送らないからといって、フォローが悪くなることはありません。

 

でも、こういった小さなことで、結果が大きく変わるのもビジネスですし、転職に成功する人は、必ず実行しています。

 

そもそも、メールを1通送るぐらい、たいしたことがないのですから、こういった手間すら惜しむようだと、ビジネスマンの姿勢として、どうかなと思います。

 

『本日はありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。』といった、シンプルなものでいいので、送っておきましょう。

 

面談後のやりとりはできるだけ迅速に

面談が終わったら、エージェントは、すぐに求人探しに入ります。その後は、めぼしい求人が出てきた時に、その都度、連絡を受けることになります。

 

通常はメールでの連絡となりますが、できるだけ早く返信するようにしてください。どんなに遅くても、24時間以内です。レスポンスの速さというのは、熱意のあらわれとみなされるので、返信が遅い人は、それだけで、エージェントからの評価が落ちます

 

逆に言えば、レスポンスを速くすることで、エージェントからの信頼を高めることができます。これは意識さえすればできることなので、必ず実践してください。

 

転職エージェント レスポンス

 

電話連絡は重要度大

エージェントからの電話で連絡がくるというケースは少ないのですが、もし、電話があったら、好条件の求人が見つかったなど、重要度が高い連絡であると考えてください。

 

同時に、緊急を要する連絡である可能性もあります。事情があって、電話に出られないというのは仕方がないことですが、なるべく早くかけ直すようにしてください。

 

面談後、音沙汰がない時の対処法

タイミングによっては、良い求人がなかなか見つからず、エージェントからの連絡が途絶えることもありますが、その時には、『どんな状況でしょうか?』と、自分のほうから、定期的に問い合わせるようにしてください。

 

ちょっとしたことですが、これだけでエージェントの心象が良くなり、優先的にサポートしてもらえます。これも結局は熱意を示すということになりますが、ここが転職を成功させるうえでは、重要なポイントとなります。

 

ただし、あまりひんぱんに連絡すると、しつこいと思われてしまうので、2週間に1回ぐらいのペースが無難です。

 

転職エージェント 連絡

 

担当者と相性が合わない時には、すぐに変えてもらう

エージェントに登録したら、専任のキャリアコンサルタントが付きますが、人間同士ですから、相性が合わないということもあります。

 

また、専門性の高い業界だと、たまにあることですが、あなたが研究・開発系の仕事を探しているのに、その担当者は営業・マーケティング系の支援が専門で、あまり研究開発部門には詳しくないという、ミスマッチが発生することがあります。

 

話をしていて、『おや?』と違和感を覚えるはずですが、そんな時には、担当者の変更を要望してください。

 

転職は、あなたにとっては、今後の人生を左右する重要なことなので、『変更を要求するのは、言いづらい・・・』などと、エージェントに気を遣う必要はなしです。

 

遠慮せずに伝えてください。それで、嫌がるようでしたら、そのエージェントは、それだけの存在ということです。そのエージェントには見切りをつけて、別の転職エージェントを利用するようにしてください。

 

まとめ:エージェントとの信頼関係が構築できれば、面談は大成功

転職エージェントというのは、企業に対して、あなたを売り込んでくれる大切な存在です。あなたが転職を成功させたいのであれば、真っ先に取り組むことは、エージェントとの信頼関係を構築することであり、面談の時にも、このことを最優先事項と考えてください。

 

そのためには、率直に腹を割って話すこと、キャリアコンサルタントを大切なビジネスパートナーと捉え、相手を尊重して、丁寧に接するようにしてください。

 

そうすれば、あなたに対する信頼感が増して、真摯にサポートしてもらえるようになるでしょう。そうなれば、面談は成功です。

 

転職エージェント 信頼関係